ひとりごとと

見たものを、淡々と話すところ

右からやりにくければ、左からやっちゃえば良い

f:id:takako-photo:20180913221355j:image

最初のひと縫が終わった

 

5、6年ほど前、刺繍教室に通わせてもらっていた。

今となっては本当にやりたかったかどうか分からないけれど、

その時は何か新しいことをすれば

自分も変われるんじゃないかと思っていたんだと思う。

 

結局、持ち前のやる気のなさで2回程通ってすぐやめてしまった。

嫌になってしまった理由の一つが、"利き手"。

 

教室では先生も生徒もみんな右利き。

私だけ、左利きだった。

当時の私は今よりもっと神経質で、

こーじゃなきゃいけない、あーじゃなきゃいけないと思うタイプだったから

刺繍は右から刺さないといけないんだ、

自分だけ反対から刺すのはおかしいんだと

謎の思い込みをしてしまって、

刺繍を楽しむことが出来なかった。

 

左利きなんだから、左から刺せば良いんだよ!

 

そんな、当たり前というか

難しく考えなくても良いようなことも、

当時の私にはいちいち"究極の決断"のごとく大ごとで、

ものごと何でも気楽に考えることが出来なかった。

苦しかったなぁ。

 

同じことは筆ペン講座でも経験した。

こちらも"習字=右利き信仰"に踊らされて、

途中で挫折。

 

5、6年前の自分に言ってやりたいよ。

やりたくなければやめれば良いし

右からやりにくければ左からやっちゃえば良いんだよ笑!

 

こういうことは、

たいがい後になって気づくのよね…。

今気づけたんだから、まぁいっか。

 

部屋の掃除をしていたら、

当時買った練習用の刺繍キットが出て来た。

お手本の紙を見ながら、ちくちくやってみてる。

楽しい。楽しいぞ。

今は心置きなく、左から刺してます。