LIGHT.

小さな日々の出来事を、面白く。

小さな嘘を、少しずつやめたら。

f:id:takako-photo:20170429103324j:image

 

プラバンを焼くのにも、少しは慣れてきました。このトライアンドエラーをしている間が、一番楽しいです。

 

ここからは、全然プラバンと関係ない話です。

 

 

先日図書館に行って、たまたま目にとまった加藤諦三さんの本を借りてきました。本当は別の本を借りる目的で行ったんですが、たまたま同じ本棚にあったその本のタイトルが目に止まり、気がついたら手にとっていました。

 

読んでみるとまさに自分が今一番考えていることがそのまま書いてあったので、ちょっとびっくりでした。

 

あるべき自分と、ありのままの自分の間にいる自分の間で、ずっと揺れていました。

とても不安定です。

毎日のように

”あなたは幸せで、感謝しなければいけない”と言われて育ってきました。

自分でもそう思わなくては、とずっと思ってきました。

そのように言う私を見て、私も周りもそれを安心材料にしていたのだと思います。

外側の世界から見れば、私は十分幸せで、感謝しなければいけない状況にいたのだと思います。

だけどそれは、あくまで育ててきた側の視点だと分かった時、なんとも言えない脱力感を感じました。

 

何が幸せで、何に感謝しなければならないのかは、本人が決めること。

本人にしか分からないことですから。

 

私はそうやって20年間あるべき自分を演じ続けて、ついに苦しくなってしまいました。

そして自分に嘘をついていたことに、去年ようやく気づきました。それまで気づいてなかったこと自体驚きです。

だけど、きっかけもなければ相談できる人もいなかった環境では、そんなことを疑う余地もありませんでした。で、気がついたら20年間経っていた。

気づいた時には、すっかり大人です。

だけど気づいた年齢から数えるとまだ赤ちゃんです笑。

ベイビー!

 

本にはなるほど、と思うことが書いてありました。

身体は30歳、だけど心は3歳。

本当は3歳の時に受け取りたかったものが受け取れずに大人になった人は、身体は30歳でも、心は3歳のまま。

本当は愛情が欲しい。

沢山甘えたい。

だけど30歳の大人には、30歳に求められるべきものを要求される。

求めているものと、求められているもののズレに苦しんで、そこから色々な症状や歪んだ行為、性格が生まれてくるのだそう。

 

本当は欲しかったものをうまく受け取ることが出来ずに大人になる人というのは、珍しくないようです。

自分がそういう環境に置かれていたことに気づいてから周りを見渡してみると、結構そういう人はいます。

私の場合、一番身近にいる自分の両親がそうでした。

 

近頃、”小さな嘘をやめてみる運動”を実施しています。

”小さな嘘”とは、本心ではなくて、自分を良く見せようとする嘘です。

そんなに嘘つきまくってたんかーい、と言われそうですが、嘘、つきまくっていました。

20年のキャリアがありますから笑。

もうほぼ、無意識です。

 

好かれるために、よく思われたいために、思ってもいないことをいうこと。

やめるのは本当は、とても怖いです。

だけどやめなければ自分の本心を相手に知ってもらえないし、何より自分自身が苦しい。

小さな嘘の積み重ねで、今の自分が出来上がっているのだとすると、もうやめるしかないのだと思います。

やめて苦しみから解放されるとは思っていませんが、

まずは、せめて、自分にだけは。

正直でいたいと思うのです。