ひとりごとと

見たものを、淡々と話すところ