ひとりごとと

見たものを、淡々と話すところ

集まると何かしたくなる

f:id:takako-photo:20180520215952j:image

 

用事があって出かけた帰りに、

代々木公園でやっていたベトナムフェスに行ってきた。

 

フェスというだけあって、広場に人が集まっては

盛り上がっている。

 

歌ったり、踊ったり。

バレーボールしたり、バトミントンしたり。

みんな楽しそう。

 

私はというと木漏れ日を探して、

木の下をひたすらウロウロしていた。

木漏れ日が好きで、

晴れた日はなるべく木の下を通って木漏れ日に当たるようにしている。

影の形に決まりはないし、

風が吹けば木の葉が揺れて木漏れ日がきらきら光る。

幻想的で好きだ。

 

フェスにはベトナム人もたくさん集まっていた。

自分と同じ故郷の人がひとつの場所に集まるって

どんな気持ちなんだろ。

ずっと日本にいるからそういうことはあまり考えないけど、

みんなそれぞれすごく笑顔で、

大きな同窓会みたいだった。

 

帰り際、広場で2、30人のベトナム人

輪になって叫んでいるのを見かけた。

 

うぉー、うゎー、ぃえーい!

 

何を言ってるかは分からない。

何に盛り上がってるのかも分からない。

集まると、なんかテンションが上がっちゃうんだろうな。

 

友だちと集まってるとき、特に意味はないけど

変な声を出し合ったりすることがある。

1人がひぇーいと言うと、

みんなひぇーいと言ってみたりする。

それでみんなでふふふって、ただ笑うだけ。

 

集まると何かしたくなっちゃう。

人がいるから出来ることだからなんだと思う。

ここぞとばかりに、何かする。

 

楽しいよね。

トレーニングの効果

f:id:takako-photo:20180519234337j:image

 

大学時代の友人たちとミニバンドを組んでいる。

秋にミニライブがあって、今はその練習中。

 

今回はサイドボーカルをやることになったので

練習してるんだけど、うまく声が出ない。

 

自信がないんだと思う。

良い声出さなきゃとか、

声がひっくりかえったらどうしようとか

頭でいろいろ考えてるうちに、

どんどん声が小さくなる。

 

なんとかしたい!

と思って、ちまたで流行っているらしいパワーブリーズを買ってみた。

 

元々はアスリートが肺活量を鍛えるための道具らしい。

たけどネットのレビューを見ていると、

歌がうまくなったとか、声が出るようになったとか言われている。

 

な、なんですと。

 

こういうのにすぐ乗せられちゃう。

決して安くない買い物だったけど、

ネットストアで購入した。

 

毎日朝晩1回ずつトレーニングして、

今日でちょうど1ヶ月。

確かに呼吸が深くなってる気がする。

吸う息も吐く息も、前より長くなっている。

 

良いぞ良いぞ。

肺が鍛えられている実感がある!

 

そして今日はバンドの練習日。

満を持してマイクの前に立った。

 

あれ。

声出てない。

 

そうだよね。

パワーブリーズのトレーニングはしたけど、

歌のトレーニングはしてなかったもんね。

 

楽して上手くなる方法なんてやっぱりないんだってことを、

1ヶ月かけて思い知らされたのでした。

 

 

 

懐かしいもの

満員電車に揉まれていたら、

懐かしいものを見かけた。

 

男の人が肩をすぼめながら読んでいたハードカバーの本。

その本にかけられた紙のブックカバーが、

地元にある本屋さんの初期に出されたデザインのものだった。

 

懐かしい!

カバーは確か、15年、20年前くらい前のものだと思う。

真っ白なカバーに、小さく店のモチーフが描かれている。

今は色もデザインも変わってしまって、

当時のおもかげはない。

 

ブックカバーは色あせてなくて、

真っ白いままだった。

ブックカバーには何筋も折り目がついていて、

本のサイズに合わせて使い分けているみたいだった。

なんて物持ちの良い人なんだ…!

 

懐かしいものを見ると、

体温がぶわっと一気に上がる。

その時の季節やにおいも、一緒になって蘇ってくる。

普段は思い出しもしないことが、

満員電車のこんな小さなきっかけで

急に"今"のものになるのがすごく不思議。

 

思い出も、記憶も。

自分では気づいていないけど、

いつかどこかで思い出されるのを、

頭のどこかでじっと待ってるのかもしれない。

塩こうじクッキー

f:id:takako-photo:20180515214653j:image

ほろほろしていておいしい

 

昨日話していた塩こうじクッキーを作ってみた。

 

薄力粉と卵黄とバターと砂糖、それに液体塩こうじをいれるだけ。

あとは混ぜてオーブンで焼いて、出来上がり。

 

こんなに簡単!なのに。

卵黄を入れ忘れ、塩こうじを入れ忘れ、

薄力粉も半分入れ忘れて最後にまとめてドバーっと全部入れた。

ちゃんと入れたのはバターと砂糖と薄力粉半分だけ…

どんだけぼうっとしてるんだか。

 

出来上がりは生地が分厚すぎて

ショートブレッドのようになってしまったけれど、美味しかった。

遠くでほんのり塩みがきいていて、砂糖の甘さと相まって、

優しい味。

 

あまじょっぱい生活は、まだまだ続きそう。

あまじょっぱい生活

最近液体塩こうじにハマっている。

 

前々からお肉の漬け込みに塩こうじを使ってたけど、

いざ焼くときになると焦げやすいのが気になっていた。

 

液体塩こうじで漬け込むとお肉が焦げないし、

何よりお肉がとても柔らかくなる。

液体塩こうじに漬け込んだ鶏肉を湯煎して放っておけば蒸し鶏にもなるし、

サラダに入れたり和え物に入れたり使い勝手が良い。

作るのが簡単だし、とにかく便利。

良いものを見つけた。

 

ネットでレシピを検索していたら、

"塩こうじクッキー"というのが出てきた。

美味しそうー。

塩○○、には弱いんだ。

 

塩バターパン

塩キャラメル

塩バニラアイス。

 

うわぁ。こうやって文字にするとますます食べたくなる。

明日、塩こうじクッキーに挑戦してみよう。 

 

 

あーうー合戦

中国人のAさんと話をしていたときのこと。

 

Aさんは日本語を勉強していて、

日本語に少しでも慣れたいということで

私と会話の練習をすることになった。

 

日本語の聞き取りはある程度出来るけど、

いざ話そうとすると、なかなか言葉が出てこない。

Aさんはなんとか自分の言いたいことを私に伝えようと身振り手振り、話しかけてくる。

私も必死になって彼女の言いたいことを理解しようと、前のめりになって話を聞く。

 

二人とも、すごく真剣。

 

すごく真剣なんだけど、

大の大人が二人して天井を仰ぎ見ながら

えぇ~あぁ~うぅ~と唸っては

言葉を絞り出しているのが

おかしくて、笑いそうになる。

 

初めて言葉を話そうとする赤ちゃんが

二人で会話にならない会話をしているような、

そんな感じ。

 

普段生活していても

こんなに必死になって”伝えたい!””分かりたい!”を

さらけ出しあうことはなかなかないから、

とても良い刺激になった。

 

伝えるって、難しい。

伝わらないことも多いし、その度にがっくりする。

それでも一所懸命なにかを伝えたくなるのは、

伝わったときの"嬉しい!"を、

お互いが知ってるからなんだろうな。